肩こりの原因・対策・予防法

肩こりの原因・対策・予防法

カバンが原因の肩こり対策

普段何気なく持ち歩いているカバン。

 

しかし、これが肩こりの原因となっている場合があるということをご存知でしたか。

 

社会人の方は多くの書類を抱えて毎日重いカバンを持ち歩いていると思います。

 

その際、どうしてもカバンを持ちやすい手で毎回持ってしまってはいませんか。

 

常に同じ手でカバンを持ち歩いていると、どうしてもカバンを持っている方の肩が上がってしまうのです。

 

そのため、肩の筋肉のバランスが左右不均一になり、それに伴い、背骨がゆがむ恐れがあるのです。

 

このように、片方の手ばかりでカバンを持っていると、筋肉疲労性の肩こりを患いやすくなります。

 

それではカバンによる肩こり対策はどうしたら良いのでしょうか。

 

恐らくもう答えはお分かりだと思いますが、カバンを左右の手で交互に持つということです。

 

また、たくさんの荷物を持っている時には、片方で持つのではなく、同じくらいの量の荷物を左右で分けて持つことが大切です。

 

さらに効果的なのは、手提げカバンを持つのではなく、リュックタイプのカバンに変えることです。

 

リュックならば、両肩に均一の負荷がかかるので、左右のバランスが崩れる心配もありません。

 

ただし、荷物があまりにも重過ぎたり、前のめりの体勢になりやすくなるので、その点は注意が必要です。

 

いずれにせよ、カバンによる肩こりは、カバンの持ち方さえ注意すれば症状が改善していきますので、意識して、左右バランス良く持ち運ぶようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ