肩こりの原因・対策・予防法

肩こりの原因・対策・予防法

睡眠による肩こりの対策

睡眠は一日の疲れを取り、翌日に向けての体力を温存するためにしっかりとらなくてはいけません。

 

しかし、ゆっくり休もうにも、肩こりを持っている人は、しばらく寝付くことができなかったりして、逆に疲れを溜めてしまう恐れがあります。

 

それに寝ていても全く肩こりが解消されないという人は、寝具を自分の体に合う物に替えてみると良いかもしれません。

 

枕が合っていないと肩が凝ってしまうとは良く言いますが、実は寝る時の姿勢に大きく関わるのは布団やマットレスだったりすることが多いのです。

 

布団が体に合っていないと、姿勢が悪くなり、余計に肩こりを悪化させてしまうようになるので注意しなくてはなりません。

 

ですからぜひ、今一度寝具を見直して、自分に合っていないようであれば取り替えてみていただきたいと思います。

 

ちなみに枕を選ぶ時は、首のカーブと枕の高さが合っているものにしましょう。

 

素材もあまり沈みすぎないものを選ぶべきです。

 

次に布団ですが、体に合っていない布団を使っていると、骨盤や背骨に影響を与え、肩こりにつながってしまうので、これも柔らかすぎず、少しだけ硬めのものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

やたらと硬い布団ですと、全く体が沈んでいかずに体に余計な圧力がかかってしまい良くありません。

 

そして何よりも眠る姿勢に気をつけましょう。

 

いくら良い寝具に取り替えても、体を丸めすぎて眠るなど、体に負担をかける体勢で寝ていては肩こりはひどくなる一方です。

 

また仰向けや横向きで眠るのは良いですが、うつ伏せは腰が反るので腰に負担がかかり良くありませんのでやめるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ