肩こりの原因・対策・予防法

肩こりの原因・対策・予防法

注射で肩こり対策

肩こりの対策は注射でも行うことができます。

 

肩こりを解消するためには、肩こりが起こっている原因をまず探ることが大切です。

 

しかし、その原因が仕事や日常的なことから来ているのだとしたら、根本的に解決させることは少し難しいかもしれません。

 

しかし、そのまま放置してしまえば症状は悪くなるだけですし、痛みを感じるようにもなってしまうので対策はやはり必要です。

 

一般的な解決方法としては、湿布を貼る、薬を飲む、マッサージをするなど色々とありますが、それでも解決しないようでしたら、注射をしてみるのはいかがでしょうか。

 

注射といっても種類が色々とあり、ステロイド注射、ホルモン注射、神経ブロック注射など、肩こりの程度に合わせて選びます。

 

特に神経ブロック注射が一番強い注射です。

 

あまりにも痛みがひどくて辛い場合に、直接局所麻酔をし、痛みを麻痺させるものです。

 

1回だけではもちろん、麻酔が切れてしまった時に痛みがぶり返してしまうでしょうが、何回か注射をすることで、痛みが軽減されていくでしょう。

 

しかし、それほど痛みが強いわけではないのであれば、鍼と同じ要領で注射針を痛いところに刺して、その刺激によって肩こりの痛みを緩和するトリガーポイントという方法もあります。

 

これは針と同じなのではなく、刺した時に、麻酔薬も一緒に注入するので、即効性も期待できるようです。

 

これらは、様々な対策方法を試して、どうしようもなかったらやるようにすると良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ