肩こりの原因・対策・予防法

肩こりの原因・対策・予防法

薬で肩こり対策

肩こりは薬を使用することでも緩和することができます。

 

現代社会では日本人の多くが肩こりに悩まされています。

 

肩こりは早めに対策をしていかないと慢性化してしまうので、どんどん治りにくくなってしまいます。

 

そのため、慢性化させないように適切な処置を施さなくてはなりません。

 

例えば薬で肩こりを解消する場合、まずは湿布が一般的です。

 

今売られている湿布は様々な効果を持つ物が多いようです。

 

タイプを大きく分けて「温感タイプ」と「冷感タイプ」の2タイプがあります。

 

効果は同じなので、お好きな方を使えばOKです。

 

また医薬品では、フェルビナクやインドメタシンといった鎮痛効果を持つ成分を配合している湿布があります。

 

特に重い肩こりや、辛くて我慢ができない人におすすめです。

 

これらの薬は痛い部分に塗り込むタイプのクリームやローション、ゲルタイプでシート状ではないことが多いです。

 

最近では塗ったり貼ったりするようなものではなく、体内から肩こりを解消するような内服薬やドリンク剤、錠剤などの薬もあるようです。

 

体の外から使用する薬は痛みを和らげる効果が中心になりますが、体内に働きかける薬の場合は肩こりを、その原因ごと治していくというようなものになります。

 

使用する際には薬剤師に相談して、自分の症状に合ったものを購入するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ