肩こりの原因・対策・予防法

肩こりの原因・対策・予防法

肩こりと体型の関係

肩こりの原因は様々ですが、体型によってもなりやすさがあるようなのです。

 

同じ状況であっても、肩が凝る人もいればなんともない人もいますし、肩こりがある人ならば対策が必要になってきますね。

 

では、どのような体型の人が肩こりになりやすいのでしょうか。

 

肩こりですから、まずは肩の形が関係するようです。

 

「猫背」の人は見た目からも姿勢が悪く、背中から肩にかけて丸まっています。

 

その姿勢ですと、頭が前のほうに傾いていますので、首や肩に頭の重さがかかり負担になっているのです。

 

そのため、肩こりになりやすく、また、筋肉が緊張している状態が続いていますから、筋肉疲労も起こりやすく慢性的になる傾向にあります。

 

そして女性に多くみられる「なで肩」です。

 

腕を支えるための力が、肩が下がっていることで負担となり、また肩が下がっていることで、腕をあげるのにも筋肉の緊張を起こしやすく肩こりにつながっているようです。

 

次は、体全体についてです。

 

「肥満体型」の人は、体の重さによって肩こりが引き起こされているのです。

 

腕の重さというのは、体全体の重さの1/8であり、体重増加によって腕も重くなってきますから、腕を支えている肩に負担がかなりかかってくるのです。

 

だからといって、「痩せすぎ」の人もよくありません。

 

筋肉がなく、ただやせ細っているだけですと、やはり腕を支えるのに肩に負担がかかります。

 

それに、頭の重さは体重に関係ありませんから、体全体の筋肉量が少ないと、頭を支えるのにも筋肉疲労を起こしてしまうのです。

 

姿勢や体型などからくる肩こりは、体質改善をすることで防げるので、取り組んでみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ